ジェフリー・バワが作り上げた理想郷、ルヌガンガ

ルヌガンガンのレストラン

バワが建築家を志したのは、彼が29歳の時に購入したヌルガンガの地に彼の理想郷を作り上げるためだったといわれます。

南西海岸の高台にある広大な敷地は、バワの別荘として作られ、未完成のまま残されています。
この楽園には、バワ建築のホテルで見ることのできる デザインの原点ともいえる作品が数多く残っています。
Jetwingライトハウスホテルに見られるインフィニティープール(プールとその先にある海が一面の水のように見える手法)のアイディアのきっかけとなった場所があります。

ヘリタンスカンダラマに見られる窓越しに作られたバスルームは、外からの光を沢山取り入れた開放的なスペースになっていますが、このアイディアの原点もルヌガンガに隠されています。そのほかにも数多くのアイディアが隠れているのでゆっくりとバワの理想郷を訪ねてみてください。

2003年84歳でバワが亡くなってから、ルヌガンガの丘の上に立つ木の下には遺言の通りにバワの遺灰がまかれ、この場所はまさにバワの原点でもあり最終点でもある場所であることも忘れてはなりません。

ルヌガンガの見学には予約が必要となります。

また、かつてバワの世話人だった料理長が作るカレーランチも食べることができます。

ルヌガンガホテルに宿泊できるツアー

スタッフのルヌガンガ視察記録