スリランカの生んだ天才建築家 ジェフリー・バワのホテル

▲自然との一体感が、バワ建築の真骨頂

ジェフリー・バワの世界

スリランカの生んだ天才建築家 ジェフリー・バワ

スリランカの建築家 ジェフリー・バワジェフリーバワ(Geoffrey Bawa)は、1919年スリランカのコロンボ市で、ヨーロッパ人とシンハラ人の血を引く裕福な家庭に生まれました。

その後、イギリスのケンブリッジ大学へと進学し、卒業後は弁護士の道を志しますが、世界放浪へと旅立ちます。
長い旅を経て再び渡英を決意したバワは、今度は建築を学び建築家として新しい道を歩みます。
既に38歳だった彼は精力的に活動を続け、スリランカ独自の文化や自然を反映し、緻密かつダイナミックに構成された空間を次々に生み出しました。

そして、トロピカル建築の第一人者となったジェフリーバワは、かの有名なアマンリゾートにも多大な影響を与えます。
アマングループの創始者・エイドリアン・ゼッカー氏は、ジェフリーバワによりリゾート発想のヒントを得たと言われます。
優れたリゾートホテルに数多く見られる、あのインフィニティプールも彼のアイディアだったのです

バワホテルの魅力は?

バワのホテルの魅力は客室だけにとどまらず、ロビーやちょっとした共有スペースには気持ちよく寛げる空間が作られています。

バワ本人がお気に入りだった場所には椅子が置かれ、天才建築家が過ごした時を追体験することができます。

また、バワ自身が大柄だったこともあってスペースが広く、男性的な魅力がある一方、女性にも広く支持されるのが特徴です。

ジェフリーバワが設計したホテルは、レストランやスパなどの施設も充実しているので、おいしい料理が味わえて、スパではアーユルヴェーダ風のトリートメントを受けることができます。

言葉を尽くしても、ジェフリー・バワのホテルをうまく説明することはできません。

ぜひ実際に訪れて、「ここに泊まってよかった!」という、居心地の良い空間を体験してみてください!

▲バワホテルには、絵になる場所や居心地のよい場所がたくさん!

建築家ジェフリー・バワの原点!ルヌガンガとNo.11

ルヌガンガのレストラン

▲ルヌガンガのレストラン

バワのホテルの魅力の原点ともいえる場所が、スリランカ南部のルヌガンガにあります。

ルヌガンガは、ジェフリーバワが50年もの歳月をかけ作り上げた理想郷で、数多くの建築アイディアが潜んでいます。

ヌルガンガを完成すること無くバワはこの世を去りましたが、現在はその姿が一般にも開放され、レストランではバワが好んだカレーを食べることができます。

また、コロンボには邸宅兼書斎であった場所「No.11」があります。

現在も彼の仕事場はそのまま残され、バワ財団によって大切に管理されていて、ここにもバワの感性がぎっしりと詰め込まれています。

⇒ バワの理想郷 ルヌガンガについてもっと読む

⇒ バワの書斎 No.11 についてもっと読む

ジェフリー・バワの手がけたホテル

ヘリタンス・カンダラマ

ヘリタンス・カンダラマ

ジェフリー・バワの建築の中で、最高傑作ともいわれるホテルです。
バワのホテルのうち唯一内陸に建てられたホテルで、年が経つにつれて枝葉に埋もれて行く様子は、バワ建築の真髄ともいえる自然との一体化を感じることができます。

⇒ ヘリタンス・カンダラマの記事を読む

ジェットウイング・ライトハウス

ジェットウイング・ライトハウス

世界遺産ゴールの近くにつくられた、バワの晩年の作品です。
ダイナミックで繊細な、バワらしさを随所に見ることができ、砂浜、ヤシの木、岩の絶妙なバランスで作られたプライベートビーチはとても美しいです。

⇒ ジェットウイング・ライトハウスの記事を読む

ヘリタンス・アフンガラ

ヘリタンス・アフンガラのラブチェアー

サンセットが美しい高級感のあるホテルです。
客室は大人かわいい雰囲気で女性好み。宿泊されるなら、サンセット時を外すことなくご覧ください。
インフィニティプールの先に輝くサンセットが最高です。

ヘリタンス・アフンガラの記事を読む

ベントータビーチホテル

ベントタの列車の駅にも近く、ベントタ河とインド洋の間に建っています。
オランダの要塞をデザインした建物として知られ、スリランカで最初のリゾートホテルです。
気軽にバワ建築を楽しめるカジュアルなホテルです。

アバニ・ベントータ

アバニ・ベントータ

バワ初期のリゾートホテルで、1971年改行の老舗ですが、2011年に改装されました。

サンセットの見えるビーチが目の前にあり、リゾートらしいのんびりと出来る美しいホテルです。

アバニ・ベントータの記事を読む

ザ・ブルーウォーター

ザ・ブルーウォーターのフロント

ヤシの木が南国を感じさせる美しいホテル。
かつてヤシ畑だったこの土地はヤシの木を切ることなくホテルを設計したというストーリーが残っています。
線と光の美しさが見事なホテルです。
⇒ ザ・ブルーウォーターの記事を読む

ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハゲダラ

ヘリタンス・マハゲダラ

専門的にアーユルヴェーダを受けられる施設です。
白亜のビルがコロニアル調で美しく室内はリラックスしてアーユルヴェーダを受けられる落ち着いた空間になっています。

ヘリタンス・マハゲダラの記事を読む

ホテル以外のバワ建築

国会議事堂

湖の中心に建つ迫力ある建物です。
内部の見学は出来ませんが、市内観光で立ち寄ります。

湖の上に建つ寺院。どっしりと大きく、斬新な建物は多くの参拝者が訪れています。
コロンボ市内観光でこの場所に立ち寄ります。

パラダイスロード

ガイドブックでも人気のおしゃれな雑貨屋さんです。
食器や布製品置物等、品数は豊富で、センスの良いものがそろっています。
スリランカのお土産さがしには是非お勧めの場所です。

ザ・ギャラリーカフェ

コロンボのパラダイスロード・ザ・ギャラリーカフェ

パラダイスロードに併設しているレストランで、かつてバワがオフィスとして使っていた場所を改装して作られました。
バワ建築を楽しみながらお茶を飲むことができるスペースもオシャレです。

 

これらは代表的なもので、他にもジェフリー・バワの建築物はたくさんあります。

あなたもスリランカで、バワホテルの心地よさを体験してみませんか?