ベトナム ホイアン 街並み
▲ホイアンの町並み

世界遺産・ホイアンの歴史?

港町ホイアンの歴史は以外に古く、紀元前まで遡ります。その後、ミーソンに代表されるチャンパ王国が栄えた際に経済の中心地がこのホイアン周辺にありました。

8世紀頃から東西交易の要衝として、15~16世紀頃には海のシルクロードの中継地としてさらに発展し、17世紀頃が一番繁栄していたと言われます。ホイアン一帯が交易拠点として栄え、中国人街や日本人街なども造られました。

ベトナム ホイアン 来遠橋
▲ホイアン 来遠橋(日本橋)

しかし19世紀になると、土砂堆積で港が使いにくくなったり、交易拠点がダナンに移ったことなどが原因で、ホイアンは急速に衰退し、次第に忘れさられた存在になっていました。

近代化から取り残され、戦禍を免れ、当時の面影をそのまま留めたような街並みは、そのまま保存されてきたため、これらの歴史的建造物が1999年にはユネスコから文化遺産として世界遺産に登録されました。

世界遺産・ホイアンの旧市街を歩こう!

ホイアン
▲ホイアンの町並み

ホイアンの街および、トゥーボン川沿いの歴史的建造物を含むこの一帯が世界遺産に登録されています。
実際に歩いて楽しむのは、目抜き通りとなっているチャンフー通りとバクダン通りとその周辺で、日本人街があったとされる場所には来遠橋(日本橋)があります。

この橋は、既に居なくなった日本人を懐かしみ、「遠くからやってくる友人の橋」という意味でで名づけられたと言われています。
歩いているだけでも楽しめる町並みは情緒豊かで風情があり、世界各国から旅行者が訪れています。

近年ではおしゃれな喫茶店やバーも出来ましたので、歩き疲れても気軽にティータイムも出来ます!

 

観光名所のご案内 添乗日記 募集中のツアー
観光名所のご案内へ 添乗員の日記へ 募集中のツアーへ