よく晴れたアンダルシア

▲モンテフリオからアルハンブラ宮殿へ向かう道

こんにちは。いい旅の黒崎です。今日の午後は、グラナダにある世界遺産、アルハンブラ宮殿を見学します。

アルハンブラは夕方6時には閉まってしまうため、その前に見に行きます。団体の場合、イヤホンガイドの使用が義務づけられているため、我々も配られたものを身につけて進みました。

イヤホンガイドは小型で使いやすく、離れても説明が聞こえるので便利です。ガイドの案内に従って進み、各部屋の凝った装飾や美しい庭園、趣向を凝らした離宮を巡ります。

アルハンブラ宮殿のエントランス

▲アルハンブラ宮殿のエントランス

イヤホンガイド

▲イヤホンガイド

ススキとアルハンブラ宮殿

▲ススキと城壁

アルハンブラ宮殿と街

▲アルハンブラの城壁と街

スペインに遺されたイスラムの至宝

アルハンブラはイスラム建築の粋を集めた美観を誇ります。1492年にスペインがイスラム勢力を追い出し、レコンキスタ(国土回復運動)を完了させた際、アルハンブラは無血開城したため壊れずに残っています。

イスラム風の装飾も素晴らしいのですが、庭園歩きも変化があって面白いと思いました。庭には日本から贈られたという柿の木があり、もとはスペインに柿がなかったため、スペイン語でもKAKIというそうです。

団体は時間を区切って進めるなど、史跡保護のため見学のコントロールがされていますが、その分落ち着いて見られました。階段がいくらかあってそれなりに歩きましたが、晴れて涼しく、観光に適した天気だったので快適にまわれました。

アルハンブラ宮殿

▲ナスル宮殿

イスラム建築の精緻な装飾

▲イスラム式の精緻な装飾

暑くもなく、寒くもなく、湿気がないため、この時期(10月)は気持ちいいです。夏は40度以上になり、時には50度に達する(本当か?)というのでたまりません。

そんな中でアルハンブラを観光すれば、暑い時期のタージマハル観光(インド)よりキツイかもしれないと思います。

夏の離宮

▲夏の離宮

迷路のようなアルハンブラ宮殿

▲迷路のような通路

アルハンブラ宮殿の緑

▲緑がきれい

夏の離宮から見たアルハンブラ

▲夏の離宮から見たアルハンブラ(と街)

以前はもっとゆるかったそうですが、時間については厳格で、6時きっかりにあちこちの門や扉が閉じてしまいました。頑張って歩いたおかげで「夏の離宮」まで行き、おおむね全てを見学できました。

アルハンブラ宮殿はさすがに規模が大きく、見応えがあって楽しめます。歩いてまわるのは少し大変ですが、涼しい時期を選べば大丈夫だと思います。行かれたことのない方は、いずれぜひ足を運んでみてください!

 

いい旅写真館 観光名所のご案内 募集中のツアー
ブログ一覧に戻る 観光名所のご案内 募集中のツアーへ