ペルシャザクロス山脈逆さチューリップ
▲ザクロス山脈に咲く、逆さチューリップの群生地にて

ペルシャザクロス山脈逆さチューリップ
▲ザクロス山脈に咲く、逆さチューリップの群生地にて

ペルシャザクロス山脈逆さチューリップ
▲ザクロス山脈に咲く、逆さチューリップの群生地にて

ツアーのポイント

■力強い自然風景!

イランの国土面積は、日本の4倍以上あります。広大な国土には、皆様ご存知の歴史的価値のある遺跡はもちろんですが、周辺にはあまり知られていない素晴らしい自然も数多く残されております。
そしてこの企画では遺跡に加え、花がきれいに咲く、美しく彩りがきれいな季節に珍しい花や風景、景色、遺跡を同時に楽しめるよう、出発日を設定しました。
また皆様がご心配されているイランの治安ですが、特別な心配は無用です。
安全面の確認が取れていますし、問題が発生したら、責任を持って取り止めます。実際、添乗も私たちいい旅社員がご案内いたしますので、ご安心ください。

■ザクロス山脈に咲く、逆さチューリップ!

ザグロス山脈の山麓には、逆さチューリップ(ヨウラクユリ)の咲き誇る野原が散在しています。中でも最も広大な花畑はチェルゲルド・クーラング郊外の村の近くに位置しています。
この野原の逆さチューリップが成長し、蕾みを開くのは、4月の初めから、5月初めと言われており、この一帯は、言葉で描写することができないほど美しい光景が見られます。

■ペルセポリス

かつて世界の中心と呼ばれたアケメネス朝ペルシャの都ペルセポリスがありました。西はエジプトから東はインドに至る大帝国を築きあげたダレイオス1世が紀元前518年に創建し、三代約60年にわたり建設が続けられ、切石を積み上げた東西約300m、南北約450mの大基壇の上に、歴代王の宮殿跡など壮大な建築群が残されています。当時のペルセポリスには支配下の諸民族が王に捧げる貢物を持ってきました。これらを保管していた宝物庫にはダレイオス1世以来、歴代の王のもとに集まった財宝は膨大なものでした。ペルセポリスを陥落させたマケドニアのアレクサンドロス大王は1万頭のロバと五千頭のラクダを使って財宝を運び出させたと言われます。精緻な彫像やレリーフなど、紀元前のものとは思えない建築・装飾技術から、世界の中心と形容された往時を窺い知ることができます。

イラン ペルセポリス
▲ペルセポリス入口

イラン ペルセポリス
▲ペルセポリス

■ローズモスク

『バラと詩の街』シラーズにあり、正式名称は「マスジュデ・ナスィーロル・モスク」と言います。
タイルに綺麗なバラの模様が描かれているため「ローズモスク」や全体的にピンクがかっていることから「ピンクモスク」とも呼ばれます。
このモスクの見どころは、西の礼拝堂にあるステンドグラスから差し込む光です。上の写真のように礼拝堂を照らし出す様子はとても美しく一見の価値があります。

56 イラン ローズモスク(ピンクモスク)
▲ローズモスク

スケジュール

都市名 時刻 日 程 内 容
成田空港 22:20発

 

カタール航空807便にてドーハへ。

(フライト約11:50)

食事:× × 機/機中泊

ドーハ

テヘラン

04:10/08:00

11:35着

午後

 

 

 

 

 

夕刻

カタール航空482便に乗り継ぎ、テヘランへ。

テヘラン着後、昼食。         (フライト約2:05)

紀元前5000年から19世紀まで考古学や歴史美術上貴重な展示品があるイラン・バスタン考古学博物館、カジャール朝の王宮として建立され、貴重な美術品やアンティークが展示されている世界遺産ゴレスタン王宮博物館世界最大のピンクダイヤモンドの原石“光の海”が展示されている宝石博物館を観光し、ホテルへ。

食事:機 昼 夕/エンゲラブホテル又は同等クラス泊

テヘラン

カーシャーン

 

イスファハン

午前

午後

 

 

夕刻

 

朝食後、専用車にてカーシャーンへ。(2:30)

着後、カーシャーンにて世界遺産フィン庭園テペ・シアルク遺跡を見学します。

見学後、専用車にてイスファハンへ。(2:20)

夕食をとり、ホテルへ。

食事:朝 昼 夕/アリカプ・ホテル又は同等クラス泊

イスファハン

滞在

終日

 

朝食後、イスファハン市内観光。

世界遺産イマーム広場にて、サファビー朝の建築の粋イマーム・モスク、楽器の形の内壁で有名なアリカプ宮殿、かつては王室専用だったシェイク・ロトフォラー・モスクを観光します。

観光後、夕食まで休憩。

食事:朝 昼 夕/アリカプ・ホテル又は同等クラス泊

イスファハン

滞在

終日

 

朝食後、40柱宮殿として知られるチェヘル・ソトゥーン宮殿、現存するイラン最古のジャメ・モスクや33のアーチを持つ橋シ・オ・セ・ポルなどを観光します。

観光後、夕食まで休憩。

食事:朝 昼 夕/アリカプ・ホテル又は同等クラス泊

イスファハン

チェルゲルド

 

07:00

10:30

 

 

15:30

朝食後、専用車にて自然保護区へ。(2:30)

着後、自然保護区にて逆さチューリップ(瓔珞ユリ)を見学します。

天候に恵まれれば、ピクニックランチを楽しみましょう。見学後、ホテルへ。

食事:朝 昼 夕/シャフレ・コルド又はクーラング泊

チェルゲルド

ヤズド

終日 朝食後、専用車にてヤズドへ。(6:30)

着後、ヤズド周辺の観光。ゾロアスター教の風葬の場だった沈黙の塔を観光します。

食事:朝 昼 夕/パルシアンホテル又は同等クラス泊

ヤズド

 

 

 

シラーズ

終日 朝食後、ヤズド周辺の観光。紀元470年以来燃え続ける聖火があるゾロアスター教寺院、ミナレットが特徴の世界遺産ジャメ・モスク、シーア派3代イマームフセインの殉教劇が演じられるアミール・チャクマグ広場を観光します。見学後、専用車にて“薔薇と詩人の街”シラーズへ。(5:30)

食事:朝 昼 夕/パルシアンホテル又は同等クラス泊

シラーズ

滞在

終日 朝食後、専用車にて出発。

「ピンクモスク」や「ローズモスク」と呼ばれるマスジュデ・ナスィーロル・モスクやアケメネス朝ペルシャの大祭用の宮殿跡世界遺産ペルセポリスの遺跡を見学します。アケメネス朝4代の王達が眠る墳墓ナグシェ・ロスタムの観光をお楽しみ下さい。

また、カジャール朝の宮殿が園内にありシラーズ市民の憩いの場でもある世界遺産エラム・ガーデン、コーランを全て暗記していたといわれる神秘主義の詩人ハーフェズの廟などの観光へご案内いたします。

食事:朝 昼 夕/パルシアンホテル又は同等クラス泊

10

 

シラーズ

ドーハ

羽田空港

05:55発05:45着

07:00発

 

22:40着

カタール航空477便にて帰国の途へ。

(フライト約1:20)

カタール航空812便に乗継ぎます。

(フライト約9:40)

羽田空港着後、解散。 

食事:× 機 機/~お疲れ様でした~

出発日と旅行代金

4月15日(日)発 ~ 4月24日(火)帰国
旅行代金:468,000円   お一人様部屋利用代金:78,000円
※旅行代金は、燃油サーチャージ、海外空港税、成田空港使用料等の諸費用を含んだ総額表示です。燃油サーチャージの追加徴収、返金はございません。
※ビジネスクラスご希望の場合は別途お問い合わせください。

ご旅行条件

□食事:朝7回、昼8回、夕8回
□発着地:成田空港、関西空港  □添乗員:成田空港より同行します。
□利用予定航空会社:カタール航空
□最少催行人員:8名【最大募集16名】

ご旅行代金に含まれないもの
◎任意海外旅行傷害保険料及び日本国内の交通費や宿泊代等個人的な性質のもの
◎イラン査証代:2,700円
◎査証取得手数料:5,400円

ご注意
※パスポート残存有効期間が6ヶ月以上、かつ査証余白欄2ページ以上必要です。
※イラン査証取得に際し、証明用写真:2枚(背景色、白に限る)、縦4㎝×横3㎝/眼鏡使用不可、査証申請時に父親の名前(既にお亡くなりになられている場合も)などが必要になります。
※モスクなどの宗教施設の観光地は、宗教行事等の理由で急きょ閉鎖されることがあります。その場合は入場できません。予めご了承下さい。
※女性の方は必ずスカーフが必要です。外出の際は髪を覆うスカーフと長袖、膝丈より長いものを着用してください。できれば体のラインが出にくいもので、お尻まで隠れる服装が良いです。また、あまり派手な色柄は避けてください。(ホテルの部屋では自由な服装で構いません)
※ホテルはバスタブがなくシャワーのみが基本となり、設備が十分でない場合もございます。予めご了承ください。

ご相談・お問い合わせ

⇒募集中のツアーに戻る