ザグレブの開けた道

▲ザグレブには広々とした場所が多い

クロアチアの首都ザグレブの観光で、街歩きをしてみました。ザグレブはコンパクトな街ですが、歩いて回ると様々な発見をすることができます。

ミロゴイ墓地

ザグレブの中心地から車で15分ほど走り、ガイドさんが「墓地へ案内する」というので着いていくと、丘を上がったところに、巨大な城壁に囲まれた墓地がありました。

とにかく広い場所なので圧倒されましたが、一歩中に入ると本当に美しい場所で、ヨーロッパで最も美しい墓地と言われるのも頷けます。

ミロゴイ墓地に行ってきました!

ミロゴイ墓地

▲ミロゴイ墓地

ザグレブ大聖堂(聖母被昇天教会)

バスで市内に戻り、広場を抜けて坂を上がっていくと、大きく開けた場所に壮麗な教会がありました。ザグレブ大聖堂こと、聖母被昇天教会です。

この教会はザグレブで一番高い建物で、二本ある尖塔は100mほどもあるため街のどこからでも見えます。

何度も破壊された歴史がありますが、その都度改修されて現在の姿になりました。

ザグレブ大聖堂に行ってきました!

ザグレブ教会

▲ザグレブ教会(聖母被昇天教会)

ドラツ青果市場

ザブレブ大聖堂から歩いてすぐの場所にある、ザグレブ市民の胃袋と呼ばれる場所です。

朝早くから地元の人で賑わい、14時頃には閉まってしまいます。

ドラツ青果市場を見てきました!

ドラツ青果市場

▲ドラツ青果市場

聖マルコ教会

赤、青、白のタイルで屋根がモザイクになった、かわいい教会です。

屋根に2つある紋章は、左がクロアチア王国のもので、右がザグレブのものです。

聖マルコ教会

▲聖マルコ教会

失恋博物館(Museum of Broken Relationships)

聖マルコ教会から坂を下る途中にあるユニークな博物館で、失恋や別れにまつわる品々を展示してあるそうです。

世界中から寄贈された品で成り立っており、今回は中を見ていませんが、ちょっと驚くようなものも展示してあるそうです。

入場料は25クーナ(約500円)で、朝9時から夜まで開いています。

失恋美術館

▲失恋博物館(Museum of Broken Relationships)

イェラチッチ広場

ザグレブの中心地にある広場で、クロアチアでは英雄とされている、イェラチッチ総督の騎馬像があります。

人の往来も多く、季節に応じて様々なイベントが催されます。

イェライッチ広場

▲イェラチッチ広場

高台から見る街

石畳の坂道を登って行くと、丘の上からザグレブ市内を一望することができます(中央に見えているのはザグレブ教会)。

そこから下る道も、気持ちのいい散歩道になっています。

丘の上から見たザグレブ

▲丘の上から見たザグレブ市内

ザグレブの交通

路面電車

ザグレブ市内には路面電車が走っているため、うまく使えば楽に移動できます。

10クーナ(約200円)で、同じ方向なら1時間乗ることができます。

ザグレブの路面電車

▲路面電車

世界一短いケーブルカー

非常に短い路線ですが、ザグレブにはケーブルカーがあり、旧市街と新市街をつなぐ66mの距離を、片道30秒で移動します。

1890年にお年寄りのためにつくられたものだそうで、人が集まったら動くというのんびりしたものです。

片道4クーナ(約80円) 6:30am~24:00 年中無休

スイッチ式の信号

横断歩道のある小さな交差点では、スイッチを押さないと、いつまで待っても信号が変わらないことがあります。

地元の人はいちいち押さずに、車がいない頃を見計らって赤信号のまま道を渡りますが、私達旅行者はせっかくなので押してみましょう。

ちなみに、横断歩道だけで信号のない交差点では、車がよく止まってくれました。クロアチア人ドライバーは優しい人が多いようです。

信号のボタン

▲信号のスイッチ(押すと青信号になる)

ザグレブの立体地図

イェラチッチ広場の端にザグレブの立体地図があります。少し街歩きをした後で見ると、位置関係がよく分かると思います。

ザグレブの地図

▲ザグレブの立体地図

その他のザグレブ

観光スポット以外にも、見かけたものをご紹介します。

民族衣装の女性と記念撮影

民族衣装の女性と記念写真丘の上の散歩道を歩いていて出会いました。

クロアチアの伝統的な衣装を身に着けた女性が、香り袋などを売っています。

何かひとつ買えば快く撮影に応じてくれるので、お土産屋で買うよりいいですね。

旅の記念にぜひどうぞ。大抵の場合、いるのは女性のようです。

 

 

開放的なカフェ

日曜日の昼下がりに街中を歩いていると、多くのザグレブっ子が開放的なカフェでくつろいでいました。

街歩きに疲れたら、旅行者の私達も腰を下ろしてみましょう。往来する人を眺めているだけでも楽しいですよ。ちなみにいくつか聞いてみたところ、お酒を出す店でも21時には閉まってしまうようでした。

ザグレブのカフェ

▲ザグレブのカフェ

食べ物の屋台

市内には時々屋台が出ていて、10月には焼き栗や焼きとうもろこしを見かけました。

小さい袋入りの焼き栗が200円ほどでした。散歩の途中で買ってみるのもいいですね。

焼き栗の屋台

▲焼き栗の屋台(大20クーナ、小10クーナ)

スーパーマーケット

クロアチアでは、どの街でもKONZUM(コンズム)というスーパーを見かけました。

見かけは小さくても中は結構広く、ビールやワイン、ミネラルウォーター、大きなパンやチーズなどが並びます。

レジでは問題なくクレジットカードが使えるので、小銭の心配をせずに買い物ができました。

「袋はいるか」と聞いてきて、いると答えるといくらかチャージされました。ぶら下がっている袋を自分で取って使うシステムのようです。

KONZUM(スーパーマーケット)

▲KONZUM(スーパーマーケット)

ネクタイ屋

ネクタイはクロアチアの発祥で、クロアチア語ではKRAVATA(クラバット)といいます。

そのためザグレブにもネクタイ屋があり、価格は220クーナ(約4000円)くらいからありますが、デザインのよいものを選ぶともう少しします。

現金だと少し割り引いてくれました。

ネクタイ屋

▲ザグレブのネクタイ屋

 

いかがでしょうか。コンパクトな上に治安がいいため、ザグレブの街はストレスなく歩くことができます。

夏は30度を超えるので散歩には適しませんが、春や秋ならおすすめです。

坂道が多いですがケーブルカーもあるし、歩道は広いしカフェもあります。

お時間があれば、ぜひトライしてみてください。

その他のクロアチアの記事へ

 

観光名所のご案内 添乗日記 募集中のツアー
観光名所のご案内へ 添乗員の日記へ 募集中のツアーへ