スプリトの旧市街

▲スプリトの旧市街

クロアチア第二の都市であるスプリトは、実際に訪れるとかなり大きくて活気がある街で、首都ザグレブより賑わっているのではないかと思えるほどです。

また、世界遺産に指定された旧市街には、銀行やショップ、飲食店などが軒を連ねていて、歴史的な建造物と現代の賑わいが共存する面白い場所でもあります。

そんなスプリトで旧市街を見学した後、そのまま歩いてレストランに向かいました。

今日のディナーは、コノバ バロス(konoba VAROS)というレストランでいただきます。何と100年以上も続いているという老舗だそうです。

レストラン バロス

▲レストランkonoba VAROS

このレストランの特徴は、豪快な大皿料理です。

大きなプレートに人数分を盛られた料理がテーブルに到着したら、思い思いに取り分けていただきます。

牛肉や白身魚のカルパッチョ、ボウルで供されるサラダ、焼き野菜、シーフードのフリッター、大きなミックスグリルなど、どれも大変おいしくいただきました。

個別に取り分けたり几帳面に盛りつけたりしない代わりに、「とにかくおいしく作ってすぐ出す」、というポリシーが感じられます。

牛肉のカルパッチョ

▲牛肉のカルパッチョ(野菜、チーズ、オリーブを添えて)

白身魚のカルパッチョ

▲白身魚のカルパッチョ(野菜とチーズも)

白身魚のフライなど

▲シーフードの大皿(小魚の素揚げ、白身魚のフリッター、タコの唐揚げなど)

焼き野菜 ビネガーがけ

▲野菜の大皿(焼きナス、ズッキーニ、葉野菜など)

大皿ミックスグリル

▲肉の大皿(ミックスグリル、フライドポテトなど)

大皿料理は盛り上がる

▲どんどん運ばれてくる大皿料理に、食卓が盛り上がる!

VAROSの料理

▲自分でどんどん取っていただく!

VAROSの厨房

▲ピークが過ぎてもにぎやかな厨房

前菜のカルパッチョはフレッシュに、焼き野菜は温かく、ビネガーで和えた野菜はほど良い馴染み加減で、そしてメインの肉はあくまで豪快に!

ポーションは大きいのに油や調味料のしつこさを感じない、数名で楽しく囲む食卓にピッタリのご馳走でした。

ガラスの向こうに見えた調理場は、いかにも「うまいものをバンバン出してやった!」という名残が見えます。

スプリトのレストランkonoba VAROSは、そんな心意気が感じられて、100年以上続いているというのも納得の、とっても豪快でおいしいレストランでした。

レストランVAROSにて

▲食後のコーヒー

クロアチアのおいしい料理へ

観光名所のご案内 添乗日記 募集中のツアー
観光名所のご案内へ 添乗員の日記へ 募集中のツアーへ