日本に近い台湾の中でも、たぶん皆様もあまり聞いたことのない、澎湖諸島(ぼうこしょとう)に行ってきました。

澎湖諸島は、台北から飛行機で西へ40分程のところにあり、台湾でもリゾートとして知られた島々です。

馬公本島、中屯島、白沙島、西嶼の4つの島が道路で結ばれ、専用車で見てまわることができます。

大きなガジュマルが藤棚のように屋根を作る姿、清代に台湾を守った要塞跡、葉柱型の玄武岩の景色など、珍しい見どころがいっぱいあります。

また、ツアーでは高速艇で澎湖諸島最南端の島・七美島、喉かな望安島などの島々へも足を運びました。

七美島と望安島は、珊瑚と貝殻の海岸に咲く花・天人菊、かつて漁場として使われ、今ではハートを二つ重ねた形から恋愛成就としても人気となっている、雙心石滬(そうしんせきこ)などの自然風景を楽しむことができる島です。

台湾 澎湖島

▲島と島とをつなぐ交通は高速船

台湾 澎湖島

▲吉貝島の海岸

台湾 澎湖島

▲澎湖島特有の外壁

台湾 澎湖島

▲澎湖島で有名な雙心石滬(そうしんせきこ/潮が引いた時)

台湾 澎湖島

▲澎湖島で有名な雙心石滬(そうしんせきこ/潮が満ちた時)

台湾 澎湖島

▲馬公老街・四眼井

台湾 澎湖島

▲天后宮

台湾 澎湖島

▲澎湖島の方は皆親切でした

台湾 澎湖島

▲中国大陸を向いて立つ大砲

台湾 澎湖島

▲馬公市で花火大会を開催していました

台湾 澎湖島

▲魚市場、魚も人も賑わっていました

台湾 澎湖島

▲魚市場

台湾 澎湖島

▲二崁古厝の集落

台湾 澎湖島

▲大菓葉柱状玄武岩

親日の台湾住民達に歓迎され、台湾本島とは違う長閑な田舎町の風景がここ澎湖島にはあります。

澎湖本島から一番遠い島は高速艇で1時間30分ほどのため、3日間あれば全部の島を楽しめます。

澎湖島の観光途中には、ぜひ特産のサボテンアイス&ジュースを味わってみて下さい。

 

澎湖島へ旅行するなら、おすすめのシーズンは台風シーズンを除いた波が落ち着く5月と10月、11月です。

採れたてのマンゴーも美味しいです。ツアー後半はスーパー巡りなどして楽しみました。

少人数でしたので、臨機応変に対応でき、旅の最後まで楽しんでいただきました。

資料もありますので、ご興味のある方はお問い合わせ下さい。
台北などと違い、人も少ない観光地であり、人混みにあうことなく、観光も有意義に過ごすことができる場所です。

(森田 徹也)

 

添乗日記 観光名所のご案内 募集中のツアー
添乗員の日記へ 観光名所のご案内 募集中のツアーへ