ミャンマー西部の仏教遺跡「ミャウー」

こんにちは、いい旅添乗員の龍石堂(りゅうせきどう)です。

2月に、ミャンマー西部のミャウー遺跡へ行ってきました。

ヤンゴンからシットウェーへ飛行機で約1時間半飛び、そこからさらに船でカラダン川を5~6時間遡ると、ようやくミャウーに到着します。

この不便さのために観光客が少なく、素朴な雰囲気を残す場所ですが、大変価値のある仏教遺跡を持っています。

ミャンマーには、世界三大仏教遺跡のひとつバガンがありますが、このミャウーもバガンに匹敵する仏教遺跡と言えます。

バガン遺跡が平原にあるのに対して、ミャウー遺跡は山間部にあって全容をつかみにくのですが、8万体の仏像が安置されているシッタウンパゴダをはじめ、70以上ものパゴダや寺院が点在しています。

ミャンマー ミャウー アラカン王国遺跡

▲到着した翌朝、霧が立ち込める中を歩く人々が幻想的

ミャンマー ミャウー アラカン王国遺跡
▲シッタウンパゴダ

「8万体の仏像」を意味するシッタウンパゴダは、トゥッカティンパゴダを始め、数々のパゴダを眺められるスポットです。

ミャンマー ミャウー アラカン王国遺跡
▲シッタウンパゴダ。

ミャンマー ミャウー アラカン王国遺跡
▲インドネシアのボロブドゥール遺跡を思わせる、コーダンパゴダ

ミャンマー ミャウー アラカン王国遺跡
▲コーダンパゴダの内部

ミャンマー ミャウー アラカン王国遺跡
▲子供の僧とアッノーティンパゴダ

ほとんど観光客がいなかったため、大変静かな中で落ち着いて遺跡を見学することができました。

ツアーに出会った地元の人とも、いい旅のツアーは少人数なのでスムーズに交流できました。

 

今回は、ミャウーの昔と今を貸し切るような、静かに充実した旅を送ることができました。

その他のミャンマーの記事を見る

添乗日記 観光名所のご案内 募集中のツアー
添乗員の日記へ 観光名所のご案内 募集中のツアーへ