ITBIND507 【エア・インディアで行く!】★東洋の真珠★黄金のゴアステイ5日間~ポルトガルの雰囲気が残る街並み、世界遺産の教会群、美しいビーチを満喫!~

ITBIND507 ゴアステイ 5日間 new

企画者より

東方貿易の要所として栄えたゴアは『東洋の真珠』とも言われ、17世紀頃には貿易やキリスト教布教のアジアの拠点として大いに繁栄しました。20世紀半ば頃までポルトガル領だったため植民地時代の教会が建ち並び、大自然の美しさで世界中の人々を魅了しています!世界遺産に登録されている教会群や美しいビーチ、ドルフィンウォッチングなど、一味違うインドをお楽しみ下さい♪

ツアーの内容

【ポルトガルの雰囲気が色濃く残るゴアの街並みと、美しいビーチに癒される5日間♪】
■世界遺産に登録されている『ゴアの教会群と修道院郡』を見学します!
・聖フランシスコ・ザビエルの遺体が安置されているボム・ジェズ教会。大聖堂の脇にある棺は、大理石と宝石で飾られた付属礼拝堂に安置され、10年に一度公開されます。次の公開は2024年!?
・オールドゴアで最も荘厳な建物の一つ、聖フランシス教会。金箔を施した木彫りの装飾や、聖フランシスコの生涯を描いた壁画があり、裏にある考古学博物館にはポルトガル時代のキリスト像や装飾品、歴代のポルトガル総督の肖像画が展示されています。中でもヴァスコ・ダ・ガマの肖像画は必見!
・ゴアで最も大きな教会の一つであるセ・カテドラル。17世紀に建てられ、塔の中にある5つの鐘のうち1つは黄金の鐘として有名です。聖人カタリナに捧げられた祭壇、その壁にはカタリナの生涯が描かれています。
■全長106キロの海岸線には美しいビーチが点在しています!その中から、ドルフィンウォッチングを満喫できるココビーチ、ショッピングを楽しめるアンジュナビーチやバガビーチへご案内♪
■川と海が合流するココビーチでは、ドルフィンウォッチングもお楽しみ頂けます♪10月~5月がベストシーズン、一番多くイルカがやってくると言われています!
■全行程安心の日本語ガイドが同行します!
■美しい海岸が多いゴアはシーフードも豊富、南インドの定食ミールスなど、ゴアならではのお食事をご堪能下さい♪
■もちろん、延泊や追加手配もご希望に合わせて承ります!
■ホテルはスタンダードクラスでご用意。追加代金にて、スーペリアクラス、デラックスクラス、ラグジュアリークラスへの変更も可能!ご予算等お気軽にお問合せください♪

スケジュール

1日目
【11:30】エア・インディアにて、空路デリーへ。
【17:50】デリー着。
現地日本語ガイドがお出迎え。専用車にてホテルへご案内。

2日目

ホテルにて朝食。

【10:50】インド国内線にて、空路ゴアへ。
【13:30】ゴア到着。

昼食は南インドの定食ミールスをお召し上がり頂きます。

【午後】オールドゴア観光。
世界遺産に登録された教会群をご案内します。
◎ボム・ジェズ教会
◎聖フランシス教会
◎考古学博物館
◎セ・カテドラル

3日目

ホテルにて朝食。

【午前】
ココビーチにて、ドルフィンウォッチングをお楽しみ頂きます。
※当日の天候や海の状況によって、船が出港できない場合がございます。

昼食はシーフードをお召し上がり頂きます。

【午後】
アンジュナマーケットやバガビーチでショッピングをお楽しみ下さい。

4日目

ホテルにて朝食。

【午前】パナジ市内観光。
◎パナジ教会
◎サン・セバスチャン礼拝堂

観光後、ゴア空港へご送迎。

【午後】インド国内線にてデリーへ。
【夕刻】デリー着後、国際線へお乗り継ぎ。

【21:15】エア・インディアにて、帰国の途へ。

5日目
【08:00】成田着。

ご利用条件

利用予定ホテル
1日目 スタンダードクラス
2日目 スタンダードクラス
3日目 スタンダードクラス
4日目 機中泊

食事 朝食3回/昼食2回/夕食2回

添乗員:なし 日本語ガイドが同行します

車両:専用車

最少催行人数:2名様
※別料金で1名様からもご出発いただけます。

 ご出発日と料金

出発地:成田空港

出発日:毎週水・土

ご旅行代金の目安: 120,000~205,000円(2017年6月~2018年3月)

(燃油サーチャージ、日本とインドの空港利用料などが別途必要です)

出発日、人数、出発地によって旅行代金は異なります。

繁忙期、混雑の状況によって金額が上がりますが、ご予算に合わせたツアー内容のアレンジも可能です。

延泊、ホテル・行程の変更、設定日以外のご出発など、何でもご相談ください。

ご注意事項

現地事情により逆回りになる場合がございます。

※ココビーチでのドルフィンウォッチングは、当日の天候や海の状況によって船が出港できない場合がございます。
※考古学博物館は金曜日が休館日です。
※セ・カテドラルは日曜日の午前中が休館日です。


ページの先頭へ