インドの伝統舞踊、カタカリ・ダンスは、歌舞伎に似ている?

カタカリ・ダンス

▲歌舞伎に似ている?

カタカリ・ダンスはインド4大舞踊のひとつで、セリフは一切なく、指の動きと表情(特に目の動き)でストーリーを語ります。

上の写真の舞台の上にある、様々な形をした手の形にそれぞれ表す意味があり、分かる人には分かるそうです。

物語は、ヒンドゥーの叙事詩ラーマヤーナや、マハーバラタが題材になっていることが多いようです。

ただ、ここで問題にしたいのは、この先の話です。

「日本の歌舞伎に似ている」という説

極彩色の衣装、派手なかぶりものと、写真で見るとまるで違うのですが、実際に見た人が口をそろえて言います。

「日本の歌舞伎に似ている」

「えーっ?」というお声が聞こえてきそうですが、このご感想は多いので、ちょっと冷静に見てみます。

男が女を演じる

カタカリ・ダンスのメイク

▲右は女役だが、演じているのは男性

まず、歌舞伎と同じ点は、女役も男性が演じるという点です。

右側は女役なのですが、演じているのはどちらも男性です。

(この写真を見るだけでもすぐ分かりますが)

この点が、「歌舞伎に似ている」といわれるひとつ目の理由です。

緑色の顔と、強烈なメイク

カタカリノメイク

▲歌舞伎に似ている?

また、顔に派手な紋様を描くメイクも、少しだけ似ています。

このカエルのような緑色に顔を塗られた人が、観光客向けにほぼ必ず演じられる演目の主人公です。

(歌舞伎では、顔を緑色に塗ったりはしませんが)

こうした点をみれば、少し歌舞伎に似ている点がなくもないようですが、見た目の印象がまるで違います。

踊る様子や、後ろで太鼓を鳴らす人は、スリランカのキャンディアンダンスの方が近い気もしますね。

カタカリ・ダンスの楽しみ方

見られる場所と時間

コーチン市内には、カタカリ・ダンスの劇場が100軒以上あるといいます。

毎晩、たいていは18時頃から公演が始まります。

手の動きに注目

歌舞伎とは違って一切セリフがなく、ダンスや顔の表情、手の動きで全てを表現します。

日本の伝統舞踊などは、難しい台詞回しなどもあって内容を理解しにくいのですが、インドのカタカリ・ダンスはセリフがないのでその心配がありません。

観光客が見に行っても、すんなり楽しむことができるでしょう。

おすすめの方法

おすすめは、公演の2時間前から始まるメイクアップとリハーサルです。

お化粧する姿を見せたり、指の動きを教えてくれたりと本番前に親切で、なかなか興味深いものです。

このメイクアップの様子を見ると、「歌舞伎に似ている」という感想を持たれるようです。

 

▼カタカリ・ダンスの動画

ご興味のある方は、コーチンに行ったらカタカリ・ダンスを見て、本当に歌舞伎と似ているかどうかをぜひご検証ください。。


ページの先頭へ