【インド旅行記73】『雲のすみか』メガラヤ第6弾♪SF映画の世界・生きている橋を行く!

こんにちは! いい旅インドです。
今回は待ちに待った『生きている橋』を観に行きます!!

SAIMIKA RESORTでの朝食はシンプル。でもパン生地やジャムが以外に美味しい!

SAIMIKA RESORT

▲SAIMIKA RESORTの朝食

山の上のリゾートからまたウネウネと降りていきます。

チェラプンジ
▲空が近い!

スクールバスとすれ違いました。この辺はクリスチャンが多いので、ミッション系の学校も多いんですって。

チェラプンジ

▲スクールバス

ここは政府管理の小学校だそうです。

チェラプンジ

▲山の中の学校!

既に登校している子供達もいました。

チェラプンジ

▲小学校に通う子供達

山から降りて小一時間、生きている橋への入口に到着です。

チェラプンジ

▲ジャングルのような細い道をスタート!

大きな荷物を担いだ人とすれ違いました。もちろん、このエリアには人々が生活しています。

チェラプンジ

▲たくましい!

チェラプンジ

▲階段を登ったと思ったら・・・

チェラプンジ

▲下り坂になり・・・

チェラプンジ

▲下り階段が続いています

二重橋のようになっている橋までは、片道で3,600段とか3,800段もあるんですって!? ひたすらに階段を下っていきますが、同じ道を今度は登って帰るのかと思うと・・・ 考えずに進む事にしました!

チェラプンジ

▲ひたすら登って行く親子。小さな子に負けてられない!

下っているとライチの木が出現! 原産は中国ですが、ネパールとの国境沿いのビハール州がライチの産地なんだそうです。知らなかった~

チェラプンジ

▲こんな所に植わっているなんて!

チェラプンジ

▲ライチ ムクロジ科と書いてあるそうです

ぐんぐん下って行くと、休憩場所がありました。

チェラプンジ

▲既に休憩中の若者とワンちゃん

急だしウネってるし、踏み外さないように注意が必要・・・ 同行のガイドさん、気にかけて振り返ってくれました。

チェラプンジ

▲ちょっとコワイ!

チェラプンジ

▲更に下っていきます!

途中、日本人のご夫婦とバッタリ!20キロを超える大きなバックパックを背負い、彼らはひたすら登っていきます!

チェラプンジ

▲日本人ご夫婦、たくまし過ぎる!

インド人ファミリーも登ってきました。メガラヤの観光客の多くはインド人だそうです。

チェラプンジ

▲インド人ファミリーもたくましい!

そうこうしているうちに、最初の生きている橋『LONG ROOT BRIDGE』に辿り着きました!

チェラプンジ

▲あと3分!

チェラプンジ

▲柑橘系の木々を抜けると・・・

ようやく生きている橋にご対面です!!

チェラプンジ

▲LONG ROOT BRIDGE

チェラプンジ

▲もちろん実際に渡れます!

足元は木の枝などで歩きやすくなっていました。

チェラプンジ

▲迫力ある~!

チェラプンジ

▲同行者が慎重に渡っております♪

ここチェラプンジはベンガル湾からの湿気が影響するそうで、雨の多いエリアです。しばらくの間、年間降水量世界一の記録を持っていたそうですよ!私が行った11月のこの時期は雨の少ない乾季に入っていたので、殆ど雨に降られることはありませんでしたが、その雨量の多さで普通の橋では流されてしまうので、流されない橋を と生み出されたのがこの生きている橋。木の根を橋になるように少しずつ誘導して造られており、完成までに数十年を要するとか!?

チェラプンジ

▲何十年かかってここまでの橋が出来上がったのか・・・

下り続けてようやく目の前に現れた時は、SF映画に出てくるような世界で興奮しちゃいました!! 二重橋のようになっているダブルデッカーはこの先。まだまだ進んでいきますよ~!

 


ページの先頭へ